So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

『STEALTH-X gill』…コーティング直前のネーム入れ。

DSCF0933.jpg

ボディー側面にルアー・ネームを書き入れ。
『X gill』と入れています。
いよいよ最終の最終工程のコーティングに入ります。

ということで、やや遅れてですが『STEALTH-X minnow』(仮称)も進行しています。こちらは名前の通り「小魚」オイカワ・スタイルで、スピードサーチに特化したスタンダードなアラバマ・システムとなっています。

それに対して『ギル』の方は、ビッグバス・モンスタークラスをその気にさせるスローリトリーブ可能な唯一のアラバマ・システムで、名前の通りブルーギル・スタイルとなっています。
そして実はこちらの『ギル』は、”あるワーム”とのセッティングを前提に設計していて、テストにおいても、はっきりいってほかのアラバマを吹っ飛ばすくらいの釣果を叩きだしています。まだまだシークレットということで…近日中には詳細を公開します。

ステルスXギル…アイ装填。

DSCF0929.jpg

発売に向けて、2ndロット分もいよいよ最終工程のアイ装着。
熟練したクラフトマンによって1個1個ハンドメイドされています。
これこそクリムゾン・ルアーが『FULL-HAND CUSTOM』である所以です。
アイがない状態では、それこそ生命感のほとんどない「製品」という感じですが、アイを入れた途端、不思議なほど生命感をみなぎらせ、1体1体のルアーに愛着がわいてくるほどです。

DSCF0932.jpg

発売直前『ステルスX gill』vol2…マット・ブラックCUSTOM

DSCF0881.jpg
各メディアでも紹介されているとおり、「アラバマがスレやすい」という事実は、多くのアングラーが周知もしくは体感されていることと思います。

確かに先端ルアーから何本にもワイヤーが枝分かれして伸び、そのワイヤーが太陽光をギラギラと反射して泳ぐ姿を見ると、「アラバマがすれやすい」のも仕方がないと納得できます。ましてや昨今のアラバマ・フィーバーで、水中を幾種類ものアラバマが間暇なくギラギラと行き交っていれば、頭の賢いビッグバス・モンスタークラスほどいち早く見切ってしまうのも時間の問題でしょう。

そこでクリムゾンでは、最もネガティブな要素の1つである金属パーツ類に、マット・ブラック特殊塗装を施し、反射光のギラつきを完全排除しています。水中を泳ぐ姿を見ていただければ納得していただけると思いますが、完全に金属感のない、まさに『ワームの一匹一匹が独立して泳いでいる小魚・ギルの群れ』を、パーフェクトに演出することができます。

アラバマが乱射される超ハイプレッシャーの中でも、トーナメントの超シビアなアラバマ合戦の中でも、明らかに釣り勝てるクリムゾン・オリジナル・カスタムが随所に施されています。



KILLERマグナム…先発隊、名古屋ハマさんへ出荷。

DSCF0925.jpg

いよいよキラ・マグのシーズンに突入直前です。
何とかクリムゾン・ルアー・各ディーラーショップに出荷が間に合いそうです。
まず、先発隊がハマさんのショップです。
クリムゾンルアー未体験の方は、名古屋フェスタの帰りにでもお立ち寄りください。
ビッグバス・モンスター狙いなら、とにかくデカギルです。血相変えてすっ飛んできます。

DSCF0909.JPG

『STEALTH-X gill』…シングル・コロラド・ブレード①

DSCF0884.JPG

中央ワイヤーの先端には、シングル・コロラド・ブレードを装填します。
もちろん、特注マット・ブラック・ペイントでステルス・カスタムを施しています。
金属のギラギラ感を完全に排除して、シングルブレード特有のグリングリンとトルクフルな振動を発生させます。ギルのテール波動=コロラドブレードの回転波動と考えていて、ギル独特の図太いテール付け根部の波動を演出することが可能で、大規模なギルのスクーリング(群れ)を演出します。さらにブレードの強烈な回転振動が各先端ワームにも伝わり、ワーム本来の動きにさらに魅惑的な微振動を与えます。先端リアル・ギル・ボディー+ワーム+コロラドブレードによって、ギルの大規模なスクーリングを演出する完全ビッグバス攻略を視野に入れたモデルとなっています。


『ステルスX ギル』vol2

P1010105.jpg
初回発売分ファーストロットが、最終工程に入りました。

先端ルアーは、もうまさにギルそのもののリアルさをたたえています。
フェイス部はアルミ貼りで、無機質な金属でありながら、不思議と生々しい生命感を与えます。
ツンとすました表情のギルは、無警戒に群れを率いて遊泳するギルをイメージしてみました。

CRIMSON'S アラバマ…『STEALTH-X gill』ステルス-X ギル COMING SOON!!

DSCF0831.JPGDSCF0829.JPG

3月末発売予定のアラバマ系リグ。
スタッフと何人かのテスターしか知らせずに、いわばシークレット的に開発・研究・テストを進めてきました。

各メーカーさまざまなアラバマ系リグを発表する中、クリムゾンではやはり、趣を凝らしたもの、独創性に富んだもの…言い換えれば、単なる天邪鬼なのかもしれませんが…。

ただテストの中で、多くのアラバマ系にみられるネガティブな点がいくつか発見できました。

最大の弱点は、『スレやすいこと』…ギラギラ・ジャラジャラした金属パーツをあれだけ使っていれば当然。しかもどのアラバマ系リグもほとんど同じ構造・同じサイズとなればなおさらかもしれません。

最後に雌雄を決するのは、明確な違いと優れたアドヴァンテージを備えたもの。そんなものほど、デカいヤツの中のさらにデカいヤツに圧倒的に効くものです。

春には存分にデカいヤツを掛けて楽しんでください。


2012 NEWバイブレーション/プロトモデル

DSCF0822.JPGDSCF0821.JPGDSCF0819.JPG

2012プロト・モデルのバイブレーションです。
2011発売の「DETONATOR110VIB」を、プライベート・フィッシングで使い込むうちに、こんなバイブレーションは…といういくつかインスピレーションが湧いたため、いよいよ形にし始めました。
まだまだ彫像の試作段階ですが、頭に描いていたイメージで大まかなカットをしていきます。
そのカットの最中に、いろんなアイデアが新たに浮かんできます。
ここをもっと細く…カーブを入れてみては…フラットにしてみては…
さらにそれを、このルアーのアクションのコンセプトと照らし合わせます。
フラットにすれば=ロールによる明滅効果など…
とにかく、今までにないファットなバイブレーション。丸々とボリューム感あふれるファット・ボディーです。
それに彫像スキルも、今まで以上に立体的なデザインを際立たせた…いわば3Dデザインとなります。

DSCF0824.JPGDSCF0827.JPG



2012 ファースト・フィッシュ…ただ今アラバマ検証中。

DSCF0813.JPG新年あけて初のBIWAKO。
朝日に照らされた白銀の比良山系を横目に湖東ロックエリアへフルスロットル。
晩秋にロクマルを2本獲ったいくつかのピンスポットへ!!
はやる気持ちを抑えながら、ロクマル秘釣[マル秘]リグ、ラバージグ、スクリュウー系など丁寧に丁寧に打っていく。
しかし全く無反応。
次に手にしたのは…アラバマリグ。そう禁断のあのリグです。
晩秋からいくつかのメーカーのものをいろいろ試しながらそのポテンシャルを検証していました。
無反応だった岬に1投目…着水…中層(のほんの少し上)をややファーストリトリーブ…グンッとラインが水面で弧を描きヒット!!45cmぐらいのバスでした。
アラバマ強しです。
強烈なポテンシャルを秘めています。
しかし何となくウィークポイントも見えてきたような気もします。
何はともあれ、2012yearsの1stフィッシュとなりました。今年もすばらしい魚とたくさん出会えますように。

春のキラ・マグに向けて生産ラインスタート!!

DSCF0807.JPG

いよいよ春に向けて、キラ・マグの生産に突入です。

辻大吾さんのトーナメントでの劇的な結果のおかげもあって、たくさんお問い合わせがあるのですが、極少量の生産ロット(これ以上は魂を込めるような気力が維持できないので)となりますのでご容赦いただき、来年初春までもうしばらくお待ちください。

春のキラ・マグは本当に強烈です。スポーニングがらみのビッグママは、本当にビッグサイズ・ギルが嫌いという感じです。

DSCF0805.JPG


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。